防火シャッター・防火ドアを安全に、正しくお使い頂くために 児童・生徒のみなさんへ

防火(ぼうか)・防煙(ぼうえん)シャッターってなに?

みなさんが、もしも火事(かじ)に出あってしまったら、すばやく避難(ひなん・にげること)をしなければなりません。 そのとき、「ほのお」と「けむり」がみなさんの行く手をさえぎり、とても危険な状態(じょうたい)になってしまうのです。
防火・防煙シャッターは、もしものときに「ほのお」や「けむり」を止めて逃げ道を安全にしてくれる、わたしたちの味方なのです。

防火・防煙シャッターを使用しない場合   防火・防煙シャッターを使用した場合

やってはいけないこと

「ほのお」と「けむり」から人間を守ってくれる大切な役割(やくわり)をするシャッターやドアでも、日頃(ひごろ)の扱(あつか)い方によっては、危険なものにもなりかねません。次のことに十分気をつけて、正しい使い方をしてください。

 

シャッターの下で遊ばない。

 

シャッターの下に物をおかない。

 

シャッターのスイッチや感知器(かんちき)にいたずらしたり、水をかけたりしない。

 

スイッチや、天井(てんじょう)にある感知器(かんちき)に、ボールなどをぶつけない。

 

防火ドアにボールをぶつけたり、ぶつかったりしない。

ページのはじめへ

こんなときは、先生におしえてね!!

 

シャッターの下にものがおいてある。

 

感知器(かんちき)やスイッチがこわれているのを見つけた。

   

火事などが起きていないのに、シャッターが少ししまりかけている。

   

ページのはじめへ

シャッターがしまりだした時(火事のときなど)の注意(ちゅうい)

 

動いているシャッターの下をくぐらない。しゃったーにはさまれたらたいへんだ!

 

シャッターがしまりだしたら、わきのドアを通ろう。

 

動いているシャッターは、とても重いので大人でもとめられないぞ!

 

シャッターの下に物がおいてあると、火や煙がおいかけてくるぞ!

ページのはじめへ